FlyData Inc.が、Industry IoTおよびAI分野に参入

ベンチャーキャピタルから総額400万ドルのシリーズA投資を受け、日本市場に本格参入 FlyData Inc.(本社:米国カリフォルニア州、代表者:藤川 幸一、以下FlyData)は、未来創生ファンド(運営者:スパークス・グループ株式会社)、アマノ株式会社、ニッセイ・キャピタルから総額400万ドルのシリーズA投資を受け、新たにIndustry IoTおよびAI分野に参入することを発表します。また、2017年8月29日付けで日本オフィスを開設し、日本市場にも本格参入いたします。 FlyDataでは、これまで「FlyData Sync」というデータ統合ソリューションをSaaS(Software as a Service)として提供してきましたが、企業のより高度なデータ活用のためにはデータ統合だけでは十分ではなく、Industry IoT向けなど特定領域に特化したデータプラットフォームソリューションや、AIを用いたデータ加工技術などが必須と考え、新たにIndustry IoTおよびAI分野に参入することを決定しました。 Industry IoT分野では、2016年10月、東京工業大学発のベンチャー企業である株式会社光コム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福沢博志、以下光コム)と製造業向けのクラウド型品質検査ビッグデータ・プラットフォームを共同開発することに合意しました。その成果である「光コムDrive」は、光コム検査機器から取得したデータを保存し、AIを活用しながらデータ解析をすることで生産ラインの効率性を最大化することが可能な仕組みです。両社ではまず自動車・自動車部品メーカー向けに、2017年中にサービス提供を開始する予定です。 日本市場におけるAI事業展開に先立ち、AIの権威である東京大学 松尾研究室 特任准教授の松尾 豊 氏をアドバイザーに迎えました。松尾研究室では、AI、ウェブ、ビジネスモデルの研究を軸に、本格研究から社会実装まで一気通貫で活動を行っています。今回、松尾先生の協力をいただくことで、AI分野における質の高い製品・ソリューション開発を促進するとともに、日本の優秀な技術者の開拓にも注力していく予定です。 FlyDataは、日本にオフィスを開設することにより、光コムをはじめとする国内企業との協業をさらに加速するとともに、米国で経験したデータ活用に関する知見を活かして日本のお客様のニーズにお応えしてまいります。単にITソリューションを提供するだけでなく、データ活用に関する啓蒙活動などを通じて、日本企業の皆様の経営データ活用を進化させるための担い手になる意気込みです。 FlyDataでは、今後はデータ活用のトータル・ソリューションプロバイダーを目指して製品ラインナップを拡充していく予定です。また、データ駆動経営を実現したい企業やData Driven Companyになりたい企業を支援するため、①データ保存、②データ統合、③BIツールによる可視化、④データ解析・示唆抽出を支援するソリューションをワンストップで提供していきます。 <日本オフィス所在地(2017年8月29日より)> 〒110-0016 東京都台東区台東4-13-21 TOWA SKY BLDG 8F https://flydata.jp ■FlyData Inc.について FlyData Inc.は、米カルフォルニア州で、経産省未踏プロジェクト採択プロジェクトをもとに、2011年3月、藤川 幸一により設立されました。起業後数年以内のインターネット系企業へ小額投資を行うマイクロVCおよびインキュベーターの中で「スーパーエンジェル」と称されるトップ企業「500Startups」をはじめ、日米の著名投資家から累計300万ドル以上を調達しています。FlyDataは、データ統合ソリューションに加え、Industry IoTおよびAI分野のソリューション提供を通じて、データ活用のトータル・ソリューションプロバイダーを目指します。 https://www.flydata.com/ ■本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先 FlyData 株式会社 森真衣子 電話:03-5846-8890 E-Mail: pr-jp@flydata.com Web: https://flydata.jp

もっと読む

FlyDataのデータのセキュリティに関する取り組みについて

Handling Data Security at FlyData

この記事ではFlyDataのあなたのデータの取り扱いについてのセキュリティの取り組みとポリシーについて説明します。もし、FlyData Cloudを経由してデータが転送される際に何が起きているのか、そしてどのようにして私たちがあなたのデータを守っているのかについて疑問がある場合、この記事がお役に立つでしょう! 転送中のデータ FlyData Directをご利用の場合でも、FlyData Agentをご利用の場合でも、2048ビットのRSAキーを使用した256ビットAES暗号化に基づいた標準OpenSSLを使用しています。Amazon S3やAmazon RedshiftなどのすべてのアウトバウンドサービスはAWS SDKを使用しており、暗号化がデフォルトで有効化されています。もしAgentをご利用の場合、Agentは私たちのフロントエンドサービスとAgent側で利用可能な最適な暗号化とハッシュアルゴリズムを使用します。フロントエンドサービスは安全でない暗号を無効化しています。 保存データ FlyDataはあなたのデータを以下の目的のため、一定期間FlyData Cloudのサーバにバッファします。 データ変換の実行 データのS3とRedshiftへの準備 エンドポイントのサービスが停止している場合の対策 データはパフォーマンスのため、暗号化されずにバッファされますが、データの保存期間はエンドポイントが停止している場合を除いて、ごく短い期間に限られます。データ処理用のサーバは、いかなる状態においてもパブリックネットワークには公開されておらず、FlyDataのオペレーション担当者が2段階認証を使用しない限りアクセスできように厳密に制限されています。 インフラストラクチャーへのアクセス FlyDataのインフラへのアクセスは標準OpenSSHキーを使用した2段階認証のVPNトンネルで制限されています。 証明書 FlyDataカンパニーは米国商務省 セーフハーバー プログラム( the U.S.-EU Safe Harbor Framework as set forth by the U.S. Department of Commerce) を取得済みです。セーフハーバー プログラムとFlyDataの証明書についてもっと詳しく知りたい場合は、 http://www.export.gov/safeharbor/をご確認ください。

もっと読む

AuroraからRedshiftへのレプリケーションが可能に

Replicate Aurora to Redshift

Amazon AuroraからAmazon Redshiftへの(自動的な)データ同期 FlyData Syncにおいて、私たちはAmazon AuroraからAmazon Redshiftへのデータ同期(複製)のサポートを開始しました。そう、今やあなたはデータ分析とレポート作成において、Redshiftだけでなく、Amazon Auroraの利点を利用することができるようになったのです。FlyData Syncの設定をするだけで、Amazon Auroraのデータを自動的にAmazon Redshiftに複製することができます。その結果として、複雑なデータ移行プロセスに多くの時間を割くことなく、あなたのビッグデータ分析をいつでも実行することができます。FlyData Syncをりようすることで、もし万が一Amazon Auroraに複数のデータベースが含まれていても、ひとつのAmazon Redshiftにすべてのデータを集めてクエリを一箇所で実行することができます。 Amazon Auroraとは? Amazon AuroraはAmazon Web Service(AWS)が提供するハイパフォーマンスなRDBです。その性能は低コストながら、他の商用データベースと比較しても高速で、高い可用性もっています。さらに、Amazon AuroraはMySQLとの高い互換性を備えているため、バックエンドにMySQLを利用している多くの企業で採用する選択肢に上がっています。 AuroraとAmazon Redshiftのデータ同期方法について MySQLだけでなく、Amaozn AuroraからのAmazon Redshiftへのデータ同期についても、バナリログ(binlog)を監視することにより、FlyData Syncは変更データキャプチャ(Change Data Capture、CDC、differential data capture) となります。CDCを使用することで、すべてのデータベースをダンプしRedshiftにアップロードするにも基本的には莫大な時間を必要としません。こうすることで、すべてのあなたのデータについて、いつでも分析が可能となるのです。 しかし、なぜAuroraとRedshiftのデータ同期が必要となるのでしょう? Auroraが基本的にハイパフォーマンスなMySQLだとするならば、なぜAmazon Redshiftが必要となるのでしょう?その使い方にポイントがあります。Auroraはトランザクション処理に優れた行指向型データベースです。しかし、Amazon Redshiftのような列指向データベースでは、莫大なデータのBIのような分析プロセスに適しています。想定されるアプリケーションが全く異なっているのです。私たちのあるお客様は、従来10時間かかっていたデータ分析のレポート作成が、Amazon RedshiftとFlyDataを利用することで、たった1分に短縮されたとききました。もし、あなたがデータ分析にバッチプロセスを使用しているなら、それがAmazon Redshiftを(そして多分FlyDataも!)利用すべき理由となるのです。 つまり… すでにAmazon Auroraを使用していて、Amazon Redshift上でBIデータ分析を実行してみたいとお考えなら、FlyDataのフリートライアルにサインアップし、あなたの会社のエンジニアリングとビジネスにFlyDataがマッチするか、ぜひお試しください。 具体的な手順 では、どのようにしてAmazon AuroraのデータをRedshiftに同期するのか、ちょっとみてみましょう。すでにAuroraのクラスタとRedshiftのインスタンスがあなたの環境に設定済みであるとします。最初にすることは、2つのDBパラメータグループを作成することです。RDSとは異なり、Auroraには2種類のDBパラメータグループがあります。(1)cluster DB parameter groupと(2)DB parameter group (インスタンスレベル)ですFlyData用にそれぞれのカスタムパラメータグループを新しく作成し、以下のように変更します。Cluster DB parameter groupは以下のように変更します。DB parameter […]

もっと読む

FlyDataを利用した、MongoDBデータのAmazon Redshiftへのアップロード方法

How to Upload MongoDB data into Amazon Redshift Using FlyData

はじめに Mongo DBはドキュメント指向データベースであり、もっともポピュラーなNoSQLデータベースのひとつです。Mongo DBの利点はスキーマレスであり、最初に厳密にデータベースのスキーマを設計する必要がないことです。さらに、保存されるデータはJSONライクなデータで構成されるため、開発者がプログラムの中で処理するのに便利なフォーマットとなっています。 しかし、保存やアクセスが簡単な一方、データが大きくなったり件数が増えてくると、許容可能な時間内にクエリの実行結果を取得するのが難しくなってきます。このような背景から、私たちはMongoDBのユーザから何度か、MongoDBからAmazon Redshiftへの簡単なデータ投入方法について尋ねられました。 このチュートリアルでは、FlyData Autoloadを使用して、MongoDBからAmazon Redshiftへデータを転送する方法を説明します。FlyData AutoloadはJSONフォーマットをサポートしているので、あなたは簡単にMongoDBからエクスポートしたデータをアップロードすることができるでしょう。もし、あなたがMongoDBのデータをAmazon Redhisftで分析することを検討している場合にも、このチュートリアルは役に立つと思います。 必要条件 始める前に、(1) FlyDataアカウント、 (2) テストデータのあるMongoDBサーバ (3) FlyData AgentをインストールするLinuxサーバ、の3つが必要となります。 準備: FlyDataアカウント もしあなたがFlyDataアカウントをお持ちでない場合、こちら からサインアップできます(アカウント登録は無料です)。 MongoDB FlyData AgentをインストールするLinuxサーバ もしテストデータがない場合、MongoDBのウェブページからサンプルのデータセットをインポートすることができます ( http://docs.mongodb.org/manual/tutorial/aggregation-zip-code-data-set/ )。このチュートリアルはこのサンプルデータを使って説明していきます。 # mongoDBのzipダンプファイルをダウンロード $ curl -L http://media.mongodb.org/zips.json?_ga=1.201356177.1291086112.1430178289 > zips.dump # zips.dumpをあなたのMongoDBへインポート mongoimport –host –port –username –password –collection zips –db test –file zips.dump サンプルデータは以下のようになります。 { “_id” : […]

もっと読む

Syncの手法:FlyData DirectとFlyData Agent

FlyData Direct これは FlyData Sync を利用するにあたって、もっとも新しいご提案です。これはまた、もっとも簡単なので、現在デフォルトのオプションとなっています。追加のインフラを設定する必要はありません。一度設定するとすぐに、私たちはあなたのMySQLインスタンスからデータを取得するためのプロセスをFlyData Cloudで起動し、実行します。 これにはひとつ、必要な条件があります。それは、あなたのMySQLインスタンスがパブリックアクセス可能である必要があるということです。セキュリティグループの設定は、あなたのアカウントで設定されたRedshiftクラスタのリージョンごとに指定されるIPアドレスで、厳密に制限されます。また、設定すれば、安全なデータ転送のため、標準のSSL暗号化を使用します(Amazon RDSについてはデフォルトで有効化されています)。 FlyData Agent これは FlyData Sync の最初の方法であり、現在でも多くのお客様が利用している方法です。この方法の主な利点は、あなたのMySQLインスタンスをプライベートなサブネットのVPCやファイアウォールの内側においたままで、FlyData Syncのサービスを利用できるということです。しかし、この方法ではお客様自身でFlyData Agentのソフトウェアのインストール、運用(さらバージョンアップも)を行う必要があるという、オペレーションコストがかかります。これはとても面倒なことになる場合があります。 それでも、厳格なセキュリティポリシーがある場合や、MySQLインスタンスに対してパブリックなIPを割り当てたりしたくない場合、このオプションを選択することができます。 どちらの方法にしても、私たちはあなたが監視するように設定したデータだけを取得し、その他のデータには一切アクセスしません。

もっと読む

Redshiftへのデータ移行を自動化しませんか?

See how FlyData can work for you.
Begin Replicating in Minutes.

No Credit Card Required